OVLさんのWEB小説賞選考対象になってた

WEB小説掲載コミュニティサイト「小説家になろう」にて分割掲載していた『娼婦たちの騎士』が、オーヴァーラップ文庫WEB小説大賞の選考対象作品に選ばれておりました。

OVL文庫WEB小説大賞選考対象リスト

タグに参加意志を示すものを埋め込むだけという参加方法だったので、基準を満たす拙作につけて投稿を待っていましたところ、気が付いたらノミネートされていました。
異世界もの、完結10万字以上となると、あのときはまだこれだけだったんですよね。
ともあれ、少しでも目に留めて頂ける機会になれば!

カテゴリー: 日常 パーマリンク

OVLさんのWEB小説賞選考対象になってた への2件のフィードバック

  1. 佐々木尽左 のコメント:

     おお、こんな文庫があったんですね。まずは選考対象に選ばれましたことをお祝い申し上げます。大賞に選ばれるといいんですけどね。私も大好きな小説ですので期待しております。

     それにしても、インターネットが普及してから自分の書いたものがこれほど一般公開しやすくなりましたね。昔は紙の原稿を出版社に持ち込んだり、応募したりしないといけなかったですが、今ではネットに公開すると出版社(あるいは編集者)の目にとまる可能性があるんですから、隔世の感があります。
     西紀先生に「小説家になろう」のサイトを紹介してもらうまでこの存在を知りませんでしたが、なるほど、ここなら何でも投稿できるんですね。私もやってみようかな。

  2. nishikino のコメント:

    編集部に営業をかけると、いまはWEB掲載からのピックアップがどうしても無視出来ない状況になっていまして、最大手であるWEB掲載サイトに登録して発表した次第です。
    やはり10kb前後を長く更新し続けることが(目に付かせるための)基本戦術となっていく様子で、作品自体はまず「タグありき」で。
    作品の発表の場としてはけっこう敷居は低くやりやすいので、かなりおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です