悪堕ち少女に贖いを(連)

akuochi小説家になろう にて連載
気長に3年くらい掛けて完結させようと思っている、行き当たりばったり、プロットも何も考えていないかのような臨機応変執筆でお送りする実験作品。

●おはなし●
悪心に染まり、無念を残して死んだ魂が、転生ならぬ『転死』する町、リグレット。
町の管理者で羊飼いたるシグレのもとに、今日も悪墜ちし良心の無念を胸に死んだ少女が現れる。
死んだ魂が無念を晴らし浄化を待つ『後悔』という名を持つ町から、シグレは少女たちの無念を晴らすために、架空世界での戦いに赴く。
少女たちの後悔の、道を違えたその選択を、もういちど見つめ返すために。
シグレの元に新たにやってきた少女アリシア。彼女は自分が滅ぼした故郷の王国の記憶と向き合い、後悔を打ち消さんと、シグレと、彼女を支える侍女たちと共に立ち向かう。

●みどころ●
既に起きてしまったこと、もはや取り返せることもなく、後悔をもって死んだ者。そんな彼女らを救う、『あの世』のお話です。
死ねば現世の呪縛から逃れられても、自分自身の後悔からは逃げられません。
魂を浄化し、純粋な魂として生まれ変わるための『儀式』。もしほんとうに地獄や天国があるとしたら、こんな場所なのではないでしょうか。
地獄の獄卒たるシグレと、彼を手伝う鬼たるメイド。死者の魂を果たして苛むのかどうなのか。
AGJスタジオが掲げる「気にしても気に病むな」を突き詰める一作として、どうぞじわじわ楽しんで頂けたら幸いです。完結は結構先になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です