お、おのれAtokめ


なんというか、atok実装してからこのパソコンでじっくり執筆したのは久しぶりなんですけど、エディター開いてじっくり執筆してたら、とつぜん通知欄にティーカップマークが。クリックして開いたらこんな表示が!

き、きさま、見てたのか~! お、おのれAtokめ! というか、これもしかしてモニターされてたらサボれないんじゃなかろうか。いや、やばい、やばいですよー。……というか疲労度ってどう検出してるんだろう。2時間ちょいで原稿用紙10枚暗いか~。まあ確かに疲れた気はするけど、リズム良く書くなら休憩挟んで5時間くらい書くのが良いのかもね。

KADOKAWAのミーティングでは「専業でも兼業でも、年に2冊は書ける人」って言われてましたが、書いても良いよと言う状況であれば2冊分……およそ25万字(500kb)前後は書けると思います。この「書いても良いよ」という状況と、「何を書くかが決まっている」という状況がそろっていれば、ですが。ですが。ですがががががが。

作家側の意見があったらまた面白かったかもしれませんな~。

カテゴリー: 日常 | コメントする

Atok2017導入

 電書対応や辞書セット、フォントワークスなども刷新したかったので、一太郎2017を購入。Atok2017だけだと8000円くらいですが、今回はなかなかの校正具合を見せるとのことで一太郎までドドンと購入。
変換エンジンはなかなかのもので、2016までは「ふろはいってこよう」が「風呂は入ってこよう」になってたのが、2017だと「風呂入ってこよう」と一発で変換できました。これ、実はなかなか対応できていない部類のビミョーな部分でした。これだけでもあたらしい変換学習エンジンが優秀なんだなあと思うことしきり。ただ2016のユーザー辞書一式がコンバート失敗したのが玉に瑕でした。……でもまあ教育しなおしたり変換候補の(遊びで入力した半角カナなどの)ゴミもなくなったので、いちから行きたいと思います。『さんじゅうろう=三十狼』とか、さすがに今だとそんなに使いませんが、2000年ぐらいからの積み重ねでしたからねえ。少しさみしかったりも。
あと電書対応のみならず、同人小説の段組版組への強烈な支援が見物。
この機能は今度少し記事にしようかと思います。
ともあれ、良い感じですよ。

カテゴリー: 日常 | コメントする

『この世界の片隅に』を観てきた(ネタバレあり)

『この世界の片隅に』を観てきたのは結構前で、先月――12月の半ばだったんですけど、そろそろネタバレ込みの感想も書いておこうかな、などと思いまして、今回の記事を書きます。
一応、折りたたみです。
作品を見た方で、感想気にしませんよ、という方だけ読んでください。


続きを読む

カテゴリー: 日常 | コメントする

同人即売会サークル参加スターターセットだって!?


本日スタートしたネットショップorigenさん。
商品の第一弾がなんと、『サークル参加スターターセット』なるもの。
敷布に値札、ブックスタンド。これだけあると結構ピシャリと様になるもので、これプラス何かを用意するだけでもサークルスペースとして見栄えはしっかりするかなと。
敷布などのモノは直に見てはいませんが、持ち運びやすいような作りで1セット誂えるなら、これはなかなかアリなのではと思います。ブックスタンドのところにPOPでもいいでしょうし、伺う限り遠目でも近くでも映える70度の角度がついてそうですし。『もしものときの予備』としてもアリかなこれ。
ちょっとほしくなります。
敷布にサークルロゴが印刷できたり色が選べたら、いいな~なんて。
これから同人誌作って即売会に出たいな、という人は、これ一個買っとくのが良いかも。
問題は、出す本と、POPの作成なのは言うまでもないのですが!(うぐぐ)

カテゴリー: 日常 | コメントする

『妹姫は柔肌に誘引をまとう』発売です

A-KAGURA編集部恋姫☆文庫ミーティアレーベルより、拙著『妹姫は柔肌に誘引をまとう』発売です。
イラストは佐藤ハトメ先生です。
新年一発目の商業ティーンズラブ小説となります。

地方領主の末姫アシェルは、政略結婚の道具として女を磨き生きていた。しかし、とある事件に巻き込まれたせいで、彼女は道具としての価値を貶められ、辺境の城で護衛の兵士とともに隠遁生活を送る羽目になる。彼女の世話をするフリードは彼女に昔から仕える雇われ兵士。腕は立つが皮肉屋で、アシェルの生活の面倒を一手に引き受ける達者な男であった。一族から遠ざけられた彼女だが、ある日、彼女を都へと召喚するための知らせが届く。とある『事件』の再来を危ぶむフリードは、果たして彼女を無事に領都まで送り届けることができるであろうか。誰のために自分を磨き続けるかわからない少女と、そんな少女に仕える男。何者にもなれる男女が、何者にもなれない苦しみの中、誰かの望む自分になるためにほんの少し勇気を出す、そんなお話。

乙女の皆さま、乙漢の皆さま、よろしくどうぞお買い求めくださいませ。
内容は乙女向けですが、リズムはいつもの西紀節です。それが良いのか悪いのか、たぶんすごく良いのではと思っておりますオススメですよ!

携帯キャリアでの配信も念頭に置くと、レギュレーションとの華麗な凌ぎ愛になりますよね。
でもいいものができたぞー。

カテゴリー: 日常 | コメントする

本年もよろしくお願いいたします

今年はどんな年になりますか。

とにもかくにもよろしくお願いいたします!

カテゴリー: 日常 | コメントする

コミックマーケット91 創作文芸お疲れさまでした!


12/30はコミックマーケット2日目、西館は-06b『AGJスタジオ』にお越しいただいた皆様に篤い感謝を! 新刊『犬神さん』『鬼娘』ともども完売いたしました! まあいつものように声をかけて目が合ったら売りつけるいつものあれです。一般参加者の皆様、いつもありがとうございます!
特に今回はふるいま先生の描く表紙が「かっこいい!(鬼娘)」「かわいい!(犬神さん)」とかなり好評で、ありがたいことこの上なく。画集だそうよセンセw
紙媒体の在庫も少なくなってきました。というか、もう女子剣雪月花は3冊、鬼も犬も予備分しかない状況です。夏は夏でまた増刷かな~? なんて思っていますが、果たして。夏には初挑戦のSFもやってみたいので、さてさて?

今回の所感です。
スペース配置的にはお久しぶりの西館。出入り口近くの、いわゆる『通路』な配置。館内構成的に圧倒的に女性が多いのですが、創作文芸を見に来るかたは、結構女性が多めな印象を持っていまして、過去のAGJスタジオの作品を求めていただいたかたにも結構女性が多いのですよね(儂、こんな作風なのにな~)。
普段はない管内配置でしたが、お声がけして話を聞いてみると、意外と(というかなんというか)興味を持ってくれるかたも多く、売り込みをすると『なぐるふぁるの鬼娘』を購入していかれることが多々ありました。やっぱり、どんなことを楽しむ本なのか説明できると強いなやっぱり。楽しんでくれたらこれ幸いです。まあ素直に面白いですよ! とお勧めしました。面白いんだもん仕方がない。

『鬼娘』も『犬神さん』も、午後には好調で、15:00あたりに取り置き分含めて完売。
やっぱり1冊完結! 面白い! この要素は大事だなあ、うちは。
ということで、次回イベント参加は、もしかしたら5月のコミティア、そして夏のコミケC92ですか。
新作予定はいろいろありますが、まずは商業をベースに、あとはカクヨムのコンテストです。
さあ、らいねんもがんばるぞー!(ぼうよみ)

カテゴリー: 日常 | コメントする

コミケですね

AGJスタジオは西館は-06bにて、新刊2冊と女子剣雪月花(少部数)を携えての参戦です。
どぞよろしくー。

カテゴリー: 日常 | コメントする

『この世界の片隅に』を観てきた(ネタバレなし)

11/12に公開が始まっていた『この世界の片隅に』をようやっと観に行きました。11月中は原稿と工事報告書ふたつの作成でヒーヒーだったので、懐も暖かくなり(そして一気に寒くなり)時間の余裕もできたので、イオンシネマ板橋にて観賞ですよ。

原作のこうの史代先生は自分にとっては『ぴっぴら帳(のーと)』の人なんですが、4コマ誌の購読からだいぶ離れていたので、『この世界の片隅に』のクラウドファンディングの話を聞いたときはびっくりしました。
で、瞬く間に(でもなかったのですが)資金が集まり、今回の劇場映画ですよ。

原作が大好き! って人がいかに多かったかを思い知りました。
で、映画を観て、ああ、なるほどと思いました。
僕はこの映画を、作品を知ることができてすごく良かったと思います。

どうかこの映画に興味がある皆さんも、まわりから余計な雑音が入って来る前に楽しんで頂けたらと思いました。良い作品なだけに、SNSやツイッターなどで語りあいたくなってる人がすごく多いので、楽しみ方を強制されたくない人やネタバレ喰らいたくない人は、はやめに劇場に!

ああ、挿入歌主題歌などのCD欲しいなあ。

カテゴリー: 日常 | コメントする

山崎(12年)の小瓶

サントリー『山崎』の12年、小瓶を買ってきた。モルトウイスキーである。
薫り高く、甘く軽やかな後味で、下戸の西紀でも「ああ、美味いなあ」と感じるウイスキーのひとつでもあります。

以前まではニッカウイスキーをたま~に楽しんでたのですが、賢明な読者諸氏は西紀がニッカウイスキーをで楽しんだことがあるのはご存じのことと思います。

今日はモンドールというチーズが届く予定だったので、西武デパートで母の誕生日プレゼントを見繕いながら、地下食品街でみつけた山崎の小瓶を購入しました(1000円くらい)。

飲んで美味しさを味わい、まあお試しと言うことで、アマゾンで買ったスポイトで尿道口から少し注入したのですが、死ぬほど熱くて今まで悶絶してました。やはりウイスキーみたいな高いお酒は粘膜を焼きますね。これは酒焼けで癌にもなるはずです。危険。特に排泄する場所の粘膜からの摂取は命に関わります。

山崎のWEBサイトにもありましたが、オンザロック、ストレート、水割り、ハイボールなどを飲むのが正しいでしょう。

お酒も煙草も用法を守って楽しみましょう。
ちなみにチーズはまだ届いておらず、問い合わせたら熟成がまだ間に合ってないとか。ゆっくり待とう。

カテゴリー: 日常 | コメントする