『第1回文学金魚大学校セミナー』の講師っぽい何者かとして参加しました

6/18に日仏芸術文化協会で行われた純文学系のセミナーにて、西紀貫之がライトノベル・キャラクター小説作家として『純文とラノベの越境』について、純文学小説家の仙田学さんと対談する形でお話をさせて頂きました。

数十人の参加者や、東京大学の三浦俊彦教授や同志社大学の遠藤徹教授たちを前にして話すことに対しては、力みこそ無かったものの、やはり緊張しました。
仙田学先生と事前に『純文の立ち位置』と『ラノベの立ち位置』を確認し、そこから見えてくる『境』を意識し、着地点として持っていく……という流れは、恐らく成功したように思えます。
しかし、純文畑の方々にとっては、理解が追いついたかどうか。

純文の立ち位置『売る(売れる)ことを目的としない小説』に対しての、ラノベの『売ることを目的とした小説』という立ち位置。越境するのはジャンルではなく、作家であり作品であるという結論に持って行けた人がいたかどうか。

いくら話をしたところで、いくら視点の違う話をしたところで、作品そのものがなにもせずに他ジャンルの方に認められるわけがないことを、僕らは良く知っています。
書く書かないではなく、できるかできないか。『売れる物を意識して書けますか?』ということ。書いた物が売れるかどうかは別として。
仙田学先生が「純文が意識してキャラの練り込みなどを取り入れることはできても、ラノベが純文の持ち味を取り入れるのは難しい」と言った意味を、純文が難しい学問だからラノベ如きに取り入れることは難しいと思ってる方もいらっしゃるかもしれません。でもぶっちゃけた物言いをしますと、自分の売り物でわざと売れない物を仕上げろと言われてるに過ぎないので、「あまり意味がない」と言うことに他ならないのです。

最後に「みなさん、いちどラノベを書いてみて下さい」と言ったのは、それが越境になるからです。なんかそれっぽいこと聞いただけでジャンルさまが越境してくれることなんかあるわけないのですよ。作品ではなく商品作って下さい。あくまで越境を意識して、越境することに価値を見出すなら。
そしてそれをコミケやコミティアで、自分の手で宣伝して売るという行為を経験して下さい。自分の作品をただ作るだけならまだしも、「読んで貰う」という一歩を踏み出した途端、それがどんな価値を帯びていないと難しいか知ることになります。
『そんなものは営業や編集の仕事だ』と言ってしまう人のところにでも、よほどの大先生であれば仕事は来るでしょう。
あくまで僕が僕の立場で好き放題言ってるんですが。

……みたいなことを、もっとはっきり言っても良かったのかもしれません。
あ~、大先生になりたいものですな~。

カテゴリー: 日常 | コメントする

ダークソウル3やってます

CkSMWM8UUAAE1az実は2月に商業原稿を仕上げたので、原稿料でPS4を買っちゃったりなんかしちゃってました。ダークソウル3とかストリートファイター5とか、ちょっと旧作だけどブラッドボーンとかやりたかったし、ババンと仕入れてこの在り様よハハハハハ。
いろいろと退っ引きならない状況の某ゲームは少し控えて居て、すごく楽しみにしていたダークソウル3を配信しながらニョキニョキと進めております。いやあ、死ぬ死ぬ。気を抜いても死ぬし、「ここはシリーズだったら当然こんな罠張ってるだろう?」というところに注意してても死ぬ、雑魚を振り切れずに死ぬ、パリィして致命の一撃与えようとしてパリィ失敗して死ぬ、操作ミスで落ちて死ぬ。もう死ぬ死ぬ。面白くて死ぬ。
専ら最近は背後から串刺しにする『バックスタブ』を駆使しています。今作からどう見ても相手のお尻に長剣差し込んでるようにしか見えないので、お尻ハンターとして名を馳せています(スケルトン系は骨盤クラッシャー)。
進行状況は、今現在『冷たい谷のイルシール』というMAPに到達し、どう考えてもダークゾーン突破しないと先に進めない系の予感に心が折れそうです。ぽきん。
攻略情報とか見ないで進めていますが、ネット接続していると他のプレイヤーから世界を越えて書き記した助言メッセージが助けてくれるシステムがあり、なかなかに良い感じの冒険を味わっています。謎解きも楽しいし。
2週目はともかくとして、クリアしたら攻略本とか見ながらもういっかいクリアしたいかなあ。NPC系のストーリーとか把握してなさ過ぎだしなあ。
ともあれ、敵と戦い攻略していくだけで面白い『ゲーム』、ダークソウル3。ナンバリングタイトルだけど、ここから初めてもOK。PS3のデモンズソウルから始まったこの系譜、実はかなりオススメでございます。
夏休みのお供にいかがっすか?

カテゴリー: 日常 | コメントする

コミティア116おつかれさまでした

Chp7nQ1UkAAlbi9 AGJスタジオはS06bにてブースを陣取り、僅かに残った紙媒体の既刊と再版した『女子剣雪月花』を武器に待ち構えておりました。
今回はヒロイン☆ふぇすたに参加しておりましたので、シールラリーの台紙(=パンフレット)を手に持っている人に声がけをしようと思って手ぐすね引いての待機です。
今回はシールラリーの台紙という、分かりやすい目星を狙える。その事実が心を燃え上がらせます。詳しいヒロイン☆ふぇすたのシステムは前回の記事を参照で。声を掛けてブースで売り込める時間が確保できる良いシステムでございますのことよ?

入り口や近くに陣取る本部から流れてくる方々のうち、けっこう手に台紙を持ってる方がいらっしゃったので、狙うように声を掛けてヒロフェスの趣旨と楽しさを説明しながら訪問シールを貼って、「よかったら商品売り込みさせて下さい」と台紙を返さずに 強引な売り込み チョコチョコっと説明をして、「これを買うとなんと購入ありがとうシールまでついてきちゃう」と言いながら、買ってくれたら★シールを貼って商品と一緒に台紙を返して、興味なさそうだったら「またよろしくお願いします、あそこも訪問してね!」と近くのサークルさんオススメして台紙を返す~……みたいな流れでずっとやってました。要するにいつものAGJスタジオでした!(わーい)

同じコミティア部活動の『妖怪部』に参加している花浅葱さんと結託して(=うちが迷惑を掛ける形で)、妖怪部のシールラリーの台紙や案内をしたりしていたのですが、手元にコンセプトのはっきりとした案内があると、けっこうまわる人が多かったのが印象深く。花浅葱さんの妖怪物の本も完売し、僕も花淺葱さんの既刊、多重人格の主人公たち――いや、主人公の多重人格たちがいろんな状況でなんやかんやする話という『カラファリア』の1巻を分けて頂き(200円!)ました。楽しみです。

そんなこんなでAGJスタジオはいつものように活動し、ヒロイン☆ふぇすた3も大盛況のうちに終わりました。持ってきた荷物も肩の荷もだいぶ軽くなったので有り難うございます!
主催のトオノキョウジさんの背負った苦労にくらぶればミジンコのげっぷくらいのものですが!(ホント頭が下がります)

AGJスタジオはしばらく即売会イベントには参加しませんが、やっぱりコミティアは見て回るのも面白そうですよね。今回ブースにひとり&ふぇすた参加だったので離れにくかったからなあ。

あ、そうそう、打ち上げではモブ子ちゃんの色紙が当たったよ!(うわ~い)
ChuYR60U4AAHkC5

カテゴリー: 日常 | コメントする

5月5日はコミティア116です!

AGJスタジオはS06bにてブースを構え、同時にコミティア部活動のヒロイン☆ふぇすた3に参加しております。ヒロイン☆ふぇすた3ってなあに? という方もいらっしゃるので、リンク先だけではなくこちらでも宣伝を。
hiro01 参加サークルをまわる前に、本部であるR51ab、またはAGJスタジオにて、参加するにあたって大事な大事なシールラリーの台紙を受け取りましょう!
参加サークルは総勢20サークルありまして、訪問することでイラストシールを1枚進呈! さらに対象サークルで(どれでも)1冊以上購入で☆シールが一枚手に入ります。こちらを台紙に貼っていくことになります。
参加サークルのイラストシールをコンプリートすると先着で参加賞がもらえるだけではなく、イラストシールおよび☆シールの合計数5枚ごとに本部にて景品の当たるガチャを引けるようになります
様々な魅力あふれるヒロインたちの作品に触れる機会! ヒロイン☆ふぇすたの豪華景品を手に入れる機会! 宜しくどうぞお願い致します!

再版用「女子剣雪月花」表紙1-4 ちなみにAGJスタジオのヒロイン☆ふぇすた対象作品は『女子剣雪月花』です! 既刊そんなにないので! 月旦と勢花を目印に来て下さい~!
A5サイズ 184P 500円!
作品紹介はこちらから! 本格剣術を表現した(おそらく)初のジュブナイルエンタメ作品でございます。

カテゴリー: 日常 | コメントする

「漫画原作小説コンテスト」

少年エース×カクヨムの企画、「漫画原作小説コンテスト」というものが5末から開催される予定とのことで、興味があることに加えて「漫画のパッケージにあわせた原作というものはこう書く方がいいのかもな~」という思いつきの元、ちょっと参加してみようかなと、このゴールデンウィークに筆を執る次第です。

とはいうものの、想定している作品が少年エースに合うか合わないかという問題があり、ちょこっと修正は考えております。ヤングエースの作品は多く知ってるものの、少年エースはあまり知らなかったなあ~。傾向は見て見ないと。

いろんな事情で続報が少ない昨今ですが、現在は「創作ラボ」さんにてコラムの連載をしていることに加え、「文学金魚」さんにてコラムとセミナーをやらせて頂く予定です。文学金魚さんのセミナーは6半ばを予定しておりまして、文学の垣根を越えることを題材に、仙田学さんらと鼎談する内容となっております。さてどうなるんかな~。

カテゴリー: 日常 | コメントする

刀剣博物館に行きました

CfpfT01UsAAwe1A代々木三丁目の刀剣博物館にふらりと行きました。新しい靴も買ったし、それを履いて散歩したくなったからなんですが、自宅から池袋、池袋から秋葉原、秋葉原で遊ぼうとした施設の整理券が絶望的でそのまま新宿へ、ちょいと折り返すように参宮橋で降り、徒歩にて刀剣博物館に……とまあ、そんな無計画ぶりの末にスマホで検索して「お、これは見たいな」と思っていた展示企画にやってきたわけですよ。
鈴木嘉定さんという、亡くなった前館長のコレクションを展示してあるのですが、古刀から新新刀まで幅広く展示されていて、『ちんぽビンビンフェスティバル!』とツイートするほどの大興奮です。太刀刀薙刀短刀槍と網羅されていて、中でも南北朝初期の刀、延寿国時『貳ツ胴裁断(ふたつ重ねの胴体を打っ手切った斬れ味)』の地金がもう墨というか暗中の海面のように意識を吸い込む綺麗さでな~! ナカゴまで通された樋も印象深かったし、姿もすらりとしていて格好良かった。
みんなも見に行くと良いですよ!

カテゴリー: 日常 | コメントする

コミティア116 ブース決まりました

tia1165月5日に開催されるコミティア116のブース番号が決定致しました。
AGJスタジオ
S06b
です!
今回の頒布物は再版した『女子剣雪月花』と、他少しです(ほんとに紙の在庫が少なくなり申した)。今回はヒロイン☆ふぇすたに参加しておりますので、あわせてどうぞよろしくお願い致します。詳しい事柄はまた更新する予定ですが、ともあれブース報告ということで!

いやあ、しかしそろそろ月末、報告出来ることが少し増えてきそうな感じです。乞うご期待~。
ともあれ最近はカクヨムなども盛んですけれども、WEB中心の執筆業界の今後がほんとに気になりますね。

カテゴリー: 日常 | コメントする

ボドゲ会に行きました

CdWMyMtUUAAkcyMこの前、教授に誘われてボードゲーム会に参加しました。
初見のボードゲーム(結構な割合で洋物)をやるときは、ルールというか流れを把握するまでが大変なので、ホストの人たちの解説は本当にありがたい。
4本ほどのゲームを遊んだのですが、『王様に献上するアイテムを先に3つ作った方の勝ち』という、キングスフォージなる鍛冶屋さんゲームが西紀的にいちばんヒットかなあ。
行動パートが4つほどに分かれていて、行動コストであるサイコロを使い、次回のターンで使用出来るサイコロを増やす行動や、今回のターンでダイスを振ったときに有利になる行動や、毎ターン効果が出る弟子を雇うといった行動を経て、残ったコストダイスで鍛冶フェイズによる献上品作成をこなしていく。――と言う流れ。
ダイスを振ったときの出目によっての鍛冶成功失敗もあれば、その1ゲームで作成する献上品もカード山からランダムで選出されるわけですが、これが簡単に作れる物から難易度の高い物まで多種多様。
サイコロ増やすか弟子を雇って効率化を図りつつ、必要な素材(サイコロ)を狙いつつ~……といった、流れを考えつつ遊ぶゲーム。構成要素と運要素が程良く混ざり合った良ゲーでございましたよ!

カテゴリー: 日常 | コメントする

スキーの神髄を見た

IMG_1997先日のスキーの一件、その翌日。想像以上に体中がバッキバキだった我らが目指したもの、それは越後名物の「ちまき」「まめもち」などなどであった。
特に朝一で買うちまきはできたてで、非常に良い香りがしました。お土産ですな。
んで、宿舎の掃除を済ませ空腹の極みに達した一行が向かうのは、うどんすきの店『森瀧』。ここのうどんすき、「かんずり」という辛味を足すことで鼻毛が出るほど美味くなるんだよね。こくのある甘い汁が、旨味と熱そのまま体内を駆け巡る感じ。いやあ、美味かった。というかとどめ(締め)のうどんがまた大量で困る。4人で4人前を喰っても喰ってもなくならないという。
IMG_1998
鮎の塩焼きもまた絶品で、頭から骨ごとかぶりつくと甘みの乗った熱い身と脂と香ばしい皮が、大粒の塩の引き締めで口の中にどっかりと陣を張るや、ぶわっと広がり、咀嚼するたびに鼻を抜ける風味が絶品。からあげかと思うほどのさくさく具合は匠の焼き加減。尻尾は特に塩が利いていて、ここだけ大量に喰いたくなる気がしたぞ!
IMG_1999
あと忘れてはならない「まいたけ」! 雪国まいたけで有名ですが、新潟は舞茸栽培の英雄。出し汁にさっと徹すだけで黒さが滲むほどの薫り高い舞茸を、大きい物をザク切り丸々を天ぷらに! 世界救える味だったわ~! ちょいと濃いめの天つゆを少し端に付けてかじりつくと、衣の味の前に舞茸の香り。次いでさくっとした歯ごたえと、肉厚の身、迸る汁! 衣の油は舞茸汁を吸うことなく弾き、口の中に満遍なく散らす役割があるのだろうか、後味こそ野暮になりそうな強い舞茸汁も、芳ばしい衣の味が羽根箒のように優しく胃の腑へと落とし込む。鮎の塩焼きに残っていた塩を掛けるとまた表情を変える。まず脂がさっぱりと無くなり、「野暮上等! 胸焼けするまで味わえ!」とばかりに舞茸が脳を灼く。

いやー、スキーは面白いな!

カテゴリー: 日常 | コメントする

越後湯沢に行ってきました

CbqHzWDVAAERdW8会社の人と友人交え、急遽決まった研修旅行に行ってきました。越後湯沢、スキーですね。今回はスキーの話をしようと思います。
金曜日の作業が終わり、シャチョサーンに車にピックアップしていただき、友人連を迎えに行き、そのまま越後湯沢に。別荘(という一室)に転がり込み、翌日のスキーに備えてグースカと寝たのが、2時過ぎだったかなあ。
新潟は上越、越後湯沢は……「あれ? 雪無くね?」的な予感。いやあ、予報は雪マーク全開だったけどスタッドレスの出番もなく、なかなかに平穏な道々でござった。

で。
翌日、道具一式をレンタルした西紀は、皆に連れられて岩原スキー場へ。
CbqHzWGUkAAHwfk
この岩原スキー場で、実に30年ぶりにスキーをすることに。実は数年前にも某スキー場で色々やったけどあれは撮影だったし!(未公開)
CbqHzWIUEAEufOJ
他の三人はみんな熟練者で、西紀だけ素人。転んだあとの立ち上がり方をレクチャーして貰い、いざ、実戦!
ステーンと山側に体を倒し、斜面に水平にエッジを立てるように板を揃え、ストックを突き、手を以て――。
立てねえ……。
13回に1回立てるけど、ここですでに汗だく。
滑りに来た友人たちに悪いので、一人で別行動。
子供たちの使う初心者エリアで、こっそり練習(笑)。CbqHzYkUUAAglvT
1回立ち上がるのに5~6分はかかりました。教えて貰った方法の中で、実践出来ていない部分と、できない理由と、代替案を模索しながら、2時間ほどガンバって、ようやく5回に1回は立てるように!(ばばーん)
その後にボーゲン(あの八の字にしてズズーっていくやつ)とかを教えて貰いながら、超筋肉バキバキになって終了! いやあ、汗だくになったけど楽しかった。
スキーはいいなあ! また来年思い知らせてやるわ!(待ってろ!?)

あ、そうそう、岩原スキー場には、おいしいピザのお店があります。
世界一美味いピザでした。いやまじで。世界救える味。チーズ最高。
このお店に行くには、スキー使えないといけないのです(送迎あるけど)。
いやあ、らいねんもがんばるぞー!
スキーの話ばかりでしたね(っ’A`)っ

カテゴリー: 日常 | コメントする