テスタメントシュピーゲル2

気が付くと2週間経ってる(「続き配信されたで」メールを受け取って日々の過ぎ去るを知る)。

この前の日記でも書いたけど、冲方丁の長編小説、待望の続編。光圀とかあのあたり書いてたからしゃあないけど、天地明察は面白かったけど、待ってたんだよねえ。

さて、シュピーゲルシリーズはこちらで調べて頂くとして、西紀はKindleで安かったものだからまた揃え直したシリーズを「オイレン1→スプライト1→オイレン2→スプライト2→オイレン3→スプライト3→オイレン4→スプライト4」の順に読み直し中。いまスプライト4終盤。
これが終わったらテスタメント1を読み直して、テスタメント2の続きにかかります。

いやあこの作品、ミリオポリス知るには良い感じにまとまりが良くて、事件を追いながら理解するとまぁ面白いこと面白いこと。
自分、作品は巻ごとの目的と時系列を書き出しながら読み進めるのが好きなのですが、これ、間が空くシリーズだとけっこう重宝するんすよね。

いやまあ、そんだけですが!

カテゴリー: 日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です