貴サークルは金曜日 東地区 ”ヘ” ブロック 32aに配置されています。

c88_joshikenということで、今年の夏コミケ受かっております!
8月14日(金) 東-ヘ32a
AGJスタジオです!

いやあ久しぶりの夏コミ。
C88で末広がり!
ということで、夏の新刊(予定)の告知でございます。

新刊『女子剣 雪月花』
いつまで経っても上達しない『ベタ足ドタ子』と謂われ、名門剣道部から退部を言い渡された戸田勢花。憧れる先輩のような綺麗な動きを体現したいがために剣道をしていた彼女は、それでも剣の道を諦めきれずに、悶々と過ごす。
そんな彼女の前に、亡き祖父が残した手帳から辻流剣術の復活を目論む辻月旦が現れる。家族の反対もあり実家で稽古がしにくい彼女は、それでもかつて見た祖父の綺麗な剣技を体現したいため、学校に剣術部を創設しようとする。
そんな月旦が偶然にも勢花と縁を結ぶことになり、彼女の事情を理解した月旦は勢花を強く抱きしめ、共に剣術部を作らないかと熱く勧誘する。
ベタ足ドタ子と自分を否定されてきた勢花は、そんな自分をこそ必要とするという月旦の手を取り、ともに新しい剣の道を目指すと誓う。
しかし、剣術部設立を前に様々な問題が浮上する。
「学年末テスト」、それに「進級」。
果てには、刀を扱える貴重な練習の場である道場の使用に対して、剣道部が待ったをかけることに。
三週間後、道場の使用権をかけての試合が決まる。勢花と月旦は辻流剣術のなんたるかを知り、相手――剣道部主将東郷重美と、諸田一刀流剣道場毬谷円佳と対決しなければならない。
さて、どうなるか…………。
というお話です。

C88新刊『女子剣雪月花』
本文:西紀貫之
表紙イラスト:空エイジ
A5サイズでページ数は未定 価格は500円です。

今回めずらしく、現代女子高生主人公モノです。成長物語が書き切れたらいいなあ。今までの主人公はみんな物語の最初から強かったし(除:したづみ)。本文中、いろんな意味で言い過ぎな部分がありますが、やや小振りのこの一石は、ここ数年自分が思った剣術のいろいろが詰まっています。
乞うご期待!!

カテゴリー: 日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください