ゼニガタのあとにできた「龍神」

ときわ台駅南口を降りて中板橋方面へ歩くと、かつて安くて美味いラーメン屋「ゼニガタ」の跡地に、新しいラーメン屋ができていた。「ゼニガタ」といえばときわ台周辺に住む人なら昔から馴染みのあるお店だっただけに、店じまいしたときはけっこう驚いたものだった。
その跡地にできたのが「龍神」というラーメン屋さん。
大山の龍神とは違います。
美味しかったら行きつけにするかと思い、初手でもあった今回は写真を撮っていませんでした。
担々麺のような構成のラーメンですが、ピリ辛具合も練りゴマの風味もコクも、段違いに日本人好みなのではなかろうか。甘く濃厚でピリ辛のスープに、豚骨ラーメンの麺が太くなった様な食感の麺が、中盛りだと食い出がある量浮いてるから危険。
にんにくや他の調味料は使っても良いのだが、スープの味が濃いだけに、後味が「ん? ん~」と少し変わるくらいなので、トッピングするなら「のり」や「やさい」がお勧めかもしれぬ。
味噌なら「太麺太郎」。
ゴマラーメンならここ「龍神」に落ち着きそうだ。
長く続いて欲しいねえ。

カテゴリー: 日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です